社会保険労務士事務所のホームページ制作実績

小松社会保険労務士事務所


komatu1.jpg
http://sr-gifu.com/

「スマホサイトの重要性に最近になって気が付きました!どこか安くてうまい制作会社はないのか?と探していてたどり着きました!」
有難うございます。

気を付けた点はまずは全体の「色」です!
綺麗なブルーをチョイスして爽やかなイメージで作り込んでいきました。

できるだけクリックの回数を減らそうと頑張りました。
もう少し縦長でも好かったかな?

今後は小松様の更新作業になりますが、完全フォローをお役しますので、いつでもご不明の時はご連絡ください。

●スマホサイト対応
●パソコン・スマホ一括管理
●簡単新規投稿
●SEO対策
●オリジナルデザイン

きむら社会保険労務士事務所


きむら社労士.jpg
http://www.office-cavern.com/
完全お任せで制作いたしましたが、きむら先生には気に入っていただき本当に良かったです。
やはりヘッダーが一番時間がかかりました・・・
もう何回やり直しをしたことか・・・でも納得できないものをお渡しすることは出来ませんので!
まず「ベースの色決め」は割と早く決まりました!
しかし今回イラストと写真の組み合わせで作る!とお話を頂いた時から何となくですが、決まっていました。
ただイラスト探しが困難を極めました・・・
「人」「経営者」・・・つまり何人かのしかも同じタッチのイラストが欲しい!どうしても使いたい!
海外サイトで探しまくりました!

トップページですが、他の社会保険労務士の先生のサイトと比べてもかなり親しみやすく分かりやすく作ったつもりです。
悲しいかな社会保険労務士の先生の業務内容というのが中々一般の方に知れていませんので。
原稿作成の依頼も「とにかく分かりやすくお願いします!そして専門用語は出来るだけ使わないでください!」とお願いしました。

きむら先生が今回苦労成されたのはおそらく「お客様の声」ではなかったかな?
「どうせ載せるならいい加減なお客様の声ではなくたとえ短くてもリアルのお客様の声を掲載したい!」と。
今後もう少し増えるみたいです。
やはりお客様の声は皆さん必ず読みますから。
多いに越したことはありません。
是非頑張って増やしていって欲しいです。

トップページ

トップページ2

トップページ3.jpg

それぞれのページにも文字ばかりだと読みづらいのでイラストと写真を組み合わせたものを配置してあります。

きむら4.jpg

長屋社会保険労務士事務所


長屋社会保険労務士
http://nagaya-harley.com/
23年2月24日とりあえず完成です。

今回は時間が物凄くかかりました。コンセプトと言いますか切り口ははすぐに決まったのですが・・・
キーワード変更・ドメイン変更と結構時間がかかりました・・・
「会社設立 一宮市」は1ページに「会社設立 一宮」は2ページです。ですが、最終目標は「会社設立 名古屋」で1ページです。
コンセプトは「会社設立」と「ハーレーに乗っている」点です。
まずは「会社設立名古屋」「一宮」で1ページに上げてしまいます。
現在名古屋では弊社のお客様が3人ランクインしております。ちなみに2ページにも2人。
何度も書いていますがこのキーワードは絶対にお勧めなキーワードなんです!!!
そしてその日のために弊社が税理士・行政書士・司法書士の方と打ち合わせをセッティングしました!!!
さて問題はここからです。
仮に1ページに入ったとして「検索された方は一体何を基準にして会社設立を依頼するところを決めるのか?」料金はほとんど変わりはありません。
差別化が難しくなってきています。
同じ料金・サービス内容ならもうある程度のインパクトを与えなければ問い合わせはしてくれない・・・人と同じ作りでは駄目じゃないか!
長屋先生とはこの点でしっかり話し合いを行いました。
そこで「好き」「嫌い」どちらに感じられるかある意味「賭け」に出ました!
前面に「ハーレー乗り」を出してしまおう!と考えました。
バイク好きな人なら「設立料金が同じならバイク乗りに頼みたい!」この心理は間違いなくあるはずです。
ましてハーレーなら余計にあります!!!
長屋先生のはツインカムのインジェクションの2005年モデルだっかな?
スプリンガーです。
(実は私もバイク乗りなんです。だからすぐに打ち解けました)
ただし中身はかなり改善して頂かなければいけません。
専門用語?の羅列?のカテゴリが多々あるからです。
読み手の立場で文章を書かなければ誰も興味を持ってはくれません。
早急に編集して頂けるでしょう!
頑張って下さい!フルサポートしますので!
*「一宮 社労士」でもしっかりSEO対策はしてあります。
最近はこのキーワードからもお問い合わせが多いそうです。

近況報告
今年に入ってからキーワード変更を依頼され作業をしておりました。
長屋先生のご協力もあり2013年5月8日現在「社会保険労務士 名古屋」で2ページに!
1ページまでもう一息です!
先生〜頑張りましょう!


オーナー様よりコメントはこちら。

お気軽にお問い合わせ下さい

社会保険労務士の新規開拓


弊社はどんな職種でも「同業他社との差別化」「見た目のインパクト」を重点に作成にはいります。
下記の「ハーレー社労士」は最も上手く我々の作戦にはまった成功例です!
初めは長屋先生も若干渋っておりましたが、私には確信がありました!狙った順位が上がるにつれお問い合わせが増えその結果「新規受注」と結びついていきました。最近では長屋先生もインパクトが重要!とのお考えに代わってきました。
「え〜そんな特別な趣味もないんだけど・・・」大丈夫です。趣味がなくても弊社にお任せください。
インターネットで新規開拓が出来る!今はそういう時代です!社会保険労務士の先生!
一度お電話下さい。弊社の考え方を一度聞いていただけませんか?
弊社は「税理士・会計士の新規開拓」も得意ですが「社会保険労務士の新規開拓も得意としております!」

弊社お客さまの長屋社会保険労務士の日記にも「顧問契約」のことが書いてありました。
ここでご紹介します。

いつもありがとうございます。社労士の長屋です。
社会保険労務士 長屋労務管理事務所のホームページを見て頂きまして感謝申し上げます。
6月に入りホームページからの「問合せ」や「相談メール」が増えております。
特に労働保険の年度更新や社会保険の算定基礎届、労働問題では内定の取消しや解雇関連の相談、助成金に関する問合せが特に多いです。
先週、一宮市内の某会社とホームページの問合せから、初の顧問契約を結んで頂くことができました。
今週から早速、7月11日までに労働保険の年度更新の手続きしなければいけませんので、概算・確定保険料の申告書の提出、就業規則の作成、36協定の締結など社内整備のお手伝いをして行きます。
また、新たに従業員を2名ほど採用する予定ですので、トライアル雇用奨励金の申請を行います。
社長様のお悩みや不安な事などに最善な提案やアドバイスをして行き、少しでもお役に立てれる事がないかを真剣に考えて、精一杯フォローをさせて頂きますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
毎日、忙しくて時間が無く、労働保険、社会保険の手続きにお困りの経営者様の為に、今月5社限定(あと2社まで)で地域1のリーズナブルな価格設定で「労働保険の年度更新」、「社会保険の算定基礎届」、「賞与支払届」を代行しております。
労働保険、社会保険については、お気軽に当事務所へお問合せ下さい。

このように「SEO対策」をしっかり施して上位表示さえすれば「お客さまからの問合せ」は増えてきます。
そして「新規開拓」「新規受注」へと繋がっていくわけです。
社会保険労務士の方でホームページをまだお持ちでない方、もしくはホームページはあるけれど「新規開拓が全然出来ない」そんな方はご連絡ください。

新規開拓

新規開拓するための活用法


「社会保険労務士」のキーワード


まずは「社会保険労務士 地名」です。狙い目
「社会保険労務士 名古屋」「社会保険労務士 東京」・・・
忘れてはならないのが逆バージョンです。
「名古屋 社会保険労務士」「東京 社会保険労務士」・・・
逆にするだけで検索順位は変わってきます。
あともう一つ!「社労士 名古屋」の対応も忘れてはいけません。

「会社設立」のキーワード


「会社設立 地名」。「会社設立 大阪」「会社設立 東京」・・・狙い目

一昔前は税理士・会計士の方が圧倒的に多かったですが、最近は社会保険労務士・行政書士・・・普通の企業も参入してきております
ライバルが多いですが裏を返せばそれだけ利益が出る!と言う事ですね。

その他のキーワード


「給与計算 地名」。「給与計算 名古屋」「給与計算 福岡」・・・。狙い目
他のキーワードとしまして「助成金」「人材派遣」「労働紛争」「就業規則」「労使協定」「解雇」「退職金」「メンタルヘルス」「定年延長」・・・があります。
先生によって得意な分野をより強固なものにしたい!そんな先生も最近増えてきております。
色々ご相談下さい。

「複数のホームページのメリット」


社会保険労務士の先生も数多くのホームページを持ってみえる方が増えてきました。包囲網
やはり関連キーワードのサイトをたくさん作り上位表示をしてあらゆる検索ワードに対応したい!
そんな方が確実に増えてきていますね。
スマートフォンがこれだけ普及している今ホームページ:インターネットはなくてはならないビジネスツールになってきています。

社労士の仕事内容


社労士の方が一番気を付けなければならない点に「仕事内容」があります。仕事内容
一般の方に「社労士の業務内容ってわかりますか?」と聞けば残念ながらまだほとんどの方が正確にお応えできないのが現状だと思います。
そこで専門用語の羅列ではなく「とにかくわかりやすく記載する事」。
あとは誤解されている事。
例えば「就業規則」も仕事内容に入っておりますが、何故「就業規則」を社労士の方に頼まなくてはいけないのか?!
なぜ必要なのか?!
「給与計算」は税理士の仕事ではないのか?
などなど税理士と社労士の業務の線引きが我々一般人には理解できていない部分が多々ありますので、
とにかくわかりやすく解説・説明する事が重要です。

もう一度おさらいをします。
「社会保険」「助成金」「給与計算」「就業規則」「メンタルヘルス」・・・
ただしここから詳しく説明できる人が一般人にどれだけいると思いますか?
この部分をわかりやすく解説する事こそが新規開拓の第一歩なんです。
「給与計算」は税理士が行っている!とずっとそう思っている方が結構いる事をご存知ですか?

笑い話のような話を一つ。
「Aさんの会社って就業規則ってあるんですか?」「就業規則なんてないよな〜。あんなのいるのか?朝何時から夕方何時まで働いて定休日を決めるあれだろ?」
周りにいた友人たちも「うんうん」とうなずいておりました。
知らない人は本当に知りません。そして間違って覚えているんですから・・・
「就業規則がないと勤務中に郵便局へ自転車で向っている途中事故に会ったらその責任は誰がとると思いますか?そういう事を最初に就業規則の中にしっかり明記する事で揉める要素が少なくなるんですね。
今でしたら「就業規則」のひな型はインターネット上に数多く出ています。
そういう「無料」で利用できるものは貴方のホームページで紹介してあげてください。
「就業規則」に限らず「無料でサービスを受けられる」ものがあったらたくさん紹介してあげてください。
それが訪問者にとって有益な情報になるのなら「グーグル」は順位を上げてくれるかもしれませんよ!

「このくらいは知っているだろう?」という原稿の作り方は絶対にやめてくださいね。
「この事を知っている人は何人いるんだろう?またこれに加入していないとどんなデメリット・メリットが起きるのかもしっかり記載しておいてください。
「助成金」「人材派遣」「労働紛争」「就業規則」「労使協定」「解雇」「退職金」「メンタルヘルス」「定年延長」などなどですが、これらをキーワードにするもの宜しいかと思います。

先生のキャラクターを売りこむ


士業の方は絶対に必要ですね。「どんな先生なのかがわからないなんて・・・」(ホームページが改めて必要だな〜と思いますよね)最近は「動画」を使って自己紹介される方も少なくありません。
この動画も冒頭が面白ければ見続けますが、仕事内容の事を延々と話されても見る方にとってはある意味苦痛だと思います。
どんな言葉でお客様を惹きつけるのかは貴方の腕次第です!
動画は簡単に差し替える事が出来ますので、どんどん更新していく方法も面白いかもしれませんね。

学歴・職歴・経歴等も積極的に掲載しましょう!「あれっこの会社昔僕も務めていた!」「なんだ。同じ高校だ!」などの共通項目が出る可能性がありますから。チャンスなんてどこに転がっているのかわかりませんよね。

同業他社との差別化


どの業種でも言える事ですが事務所としての「独自性」「オリジナリティ」が必要です。差別化
例えば「ハーレー社労士」のようにバイクのハーレーに乗っている社労士!というキャラクターを前面に出されている先生もおみえです。
バイク好きな方、または「ちょっとおもしろそうだな?」そう感じてくれる社長も実際数多くお見えみたいです。
「そんな目立つようなものはない・・・」そんなかたはSEO対策を売りにされてはいかがですか?

SEO対策


SEOとは狙ったキーワードを上位に表示させる事。
弊社がサポートしますので、関与先様のホームページも上位に引っ張り上げて下さい。
関与先の利益を守りながらも御社の強烈な「売り」になります。

ホームページ作成料金

新設法人データ:ダイレクトメール作成


弊社は「新設法人情報」を扱っている関係で社会保険労務士の先生とよく電話でお話をします。
そこで毎回頭を悩ますのが「どういう切り口で創るのか!」です。
あとダイレクトメールで出す方がほとんどなのですが、大きく分けて「葉書」か「封書」に分かれます。
葉書は郵送コストが安いですが紙面に限りがあります。
逆に封書は情報量は満載ですが郵送コストがネックに・・・
どちらにしても強烈なコピー、わかりやすいコピーが絶対に必要です。
パッと見て社会保険労務士の仕事がわかる内容でないとゴミ箱に行ってしまいます。
社会保険労務士のお仕事はもうしわけありませんが、一般の方には非常にわかりずらいのが最大のネックです!
これをいかにわかりやすくお客様にとってもメリットがあるように記載するのかが勝負です!
それをクリアされた社労士の先生方とのお付き合いは最長で8年目に突入しました。

社労士に営業する社労士


アクセス解析をみていたら「社会保険労務士の差別化」のキーワードで誰かがアクセスしてきました。
「みんな同じ事を考えるんだな〜」と思いあちこち見ていたらある社労士の先生が営業ノウハウを社労使の方に販売しているサイトを発見しました。
さくさくと読んでいき最後の料金がなんと30万円!なんだ〜???
セミナー費用でした。
こんな高額でも皆さん行かれるんですね。
でもね〜「1年間で42社の顧問先を捕まえた!ノウハウを貴方に!」とありますが、そんなおいしい話なら誰にも普通は絶対に言いませんよね。
でもね〜この営業方法は正直よく考え付いたな!と心底感心しております。皮肉じゃないですよ!
社労士の方はどこも皆さんかなり新規開拓に苦戦されているみたいですが、まさか同業社を新規開拓に取り入れるとは・・・お見事です。

あとマニュアルも販売されています!
社労士マニュアルを税理士さんに!
労使トラブルの本みたいですよ。

そういえば名古屋のある社労士の方も無料ソフトを提供して、その無料ソフトの噂は全国まで広がりある日月額1000円だったかな?を徴収してもあまりに使い勝手がいいので、そのまま会員さんに売れて行った話を思い出しました。
会員を捕まえるとこれが出来るんですよね。

結局考えぬいて行動される社労士さんだけが生き残る!時代なんですよね。
社労士さんに限った話ではないですが・・・